セキュリティについて

ODA及び途上国ビジネスに係る東北地域における技術・製品リソース包括調査事務局は「誠意をもってことにあたり、技術を軸に社会に貢献する」という経営理念に基づき、事業遂行に広く活用する情報資産の安全性および信頼性の確保、すなわち、情報セキュリティの確保に万全を期し、社会・顧客・取引先の信頼に応えることを基本方針とします。
この理念および基本方針を踏まえて、下記事項を確実に実行することを宣言します。

  1. 当局は、業務において取り扱うすべての情報資産を対象として、それぞれに適した情報セキュリティ管理策を講じます。
  2. 当局の業務において情報資産を取り扱うすべての者は、情報セキュリティの重要性を認識し、本情報セキュリティ基本方針を遵守するとともに、本方針を基に定める管理基準および手順等の規程に準じて行動します。
  3. 当局は、業務において預託された情報資産の重要性を特に認識し、情報資産の適正利用と漏洩の防止を図ります。
  4. 当局は、情報セキュリティ管理にあたり、関連する法令および規範を遵守します。
  5. 当局は、情報資産に対する新たな脅威にも対応できるよう、情報セキュリティ管理体制を整備し、継続的に改善活動を行います。
このページの先頭へ戻る